イナホがザーツバルムとオルレインとの間に出来た子供であるという説が存在することをご存知ですか(。・ω・)ノ゙
非常に面白い説だと思ったので、ここに紹介します。 

オルレインには”恵みの雨”、ザーツバルムには”豊かな大地”という意味があり
界塚 伊奈帆→イナホ→稲穂 ということで、豊かな大地に恵みの雨が降り稲穂が芽を出す…つまり、イナホがザーツバルムとオルレインの間の子供ということを暗示しているのではないか


ということだそうです。

若かりし頃のザーツバルムの外見がイナホに似ているということも”イナホとザーツバルム父子説”に拍車をかけているようですね。

81b8208a


今回、二期が始まる前にこの説を検証してみたいと思います。


まず作中の時系列の整理しましょう。

以下は公式サイトで公表されているアルドノアゼロの世界の年表です。

aldnoah_nenpyou

この年表からザーツバルムとオルレイン両名の種子島降下とヘブンズ・フォールが起きた時期は1999年という事が分かります。

オルレインはヘブンズフォールで死亡したことになっているので、イナホがザーツバルムとオルレインの子であるには、地球侵攻前に出産しているか、実は被災を免れ地球で生き延び出産したかのどちらかのパターンになります。

前者の場合、イナホは火星で生まれたことになり、イナホはハイパーゲート破壊後に地球に来たことになります。
しかし、ハイパーゲートを通らない場合、火星から地球へは約三ヶ月ほどかかることが作中で語られているため、少々無理があるように思います。

では、後者ならどうでしょうか。
オルレインの搭乗していた重力を操るカタフラクト・デューカリオンは、無傷で地球側に鹵獲され隠ぺいされていたことが一期の後半で判明しました。
このことから、オルレインはヘブンズフォールによって降り注いだ月の破片による被災を免れた可能性が出てきました。
(ただ、デューカリオンのアルドノアドライブは停止している為、オルレインはしばらくは生き延びたものの殺されたもしくは、怪我や病気で死亡したことは確実のようです。)

この説に基づいてオルレインが地球でイナホを出産したとします。
出産が1999年もしくは2000年だとすると、一期の物語の舞台である2014年の時点では14歳or15歳ということになります。

作中のイナホのプロフィールは2月7日生まれ、15歳、身長164cm、AB型となっています。
イナホの年齢と大体一致しています。

ただ、イナホが2月生まれの為、地球侵攻時のオルレインは臨月寸前でなければイナホの年齢と合わなくなってしまいます。
常識的に考えて出産間近の女性が戦闘に参加するというのは不自然ですし、作中のオルレインはとても臨月間近には見えません。

31

"イナホ、ザーツバルム親子説"はとてもロマンチックで面白いのですが、以上の理由から可能性としては少し低いかなぁ…という気がします。

それでは(。・ω・)ノ゙