もうじき今年も終わるので、2014年秋~冬アニメを考察&分析もかねて振り返ってみたいと思います。

まずはこれをご覧ください(。・ω・)ノ

c0uczJh
 
このグラフは巨大掲示板2ちゃんねるのスレッドの消費数をデータ化したものです。

これはあくまでスレッドの消費数≒書き込み数のグラフなので純粋な人気順ではないのですが、書き込み数が多い≒注目度が高いor人気が高いと見ていいでしょう。

予想通りといいますか、パッと見で『Fate/stay night UBW』の人気がとんでもないことが分かります。 
冨野監督のGレコも当然の人気で、福田氏のクロスアンジュも伸びが凄いです。

知名度が高く固定ファンのいるアニメとインパクト抜群のスタートを切ったブランド力のある注目アニメが並んでいますね。


ここまでは、割と予想通りではないでしょうか。


今回、面白いのは『結城友奈は勇者である』 と『SHIROBAKO』の動きです。

最初はごくごく普通のスタートを切った『SHIROBAKO』ですが、可愛いキャラデザインと面白い話の展開で徐々に人気が出始め、タロウがやらかす回あたりからさらに勢いを増し、今では王者フェイトUBWと並び注目度No1アニメになってしまいました。

丁寧な作りと”アニメでアニメ制作をテーマにする”というある意味メタ的な新しさがウケたのでしょうか。
作画崩壊に至る経緯やネットの評判を気にする監督、3Dと手書きの対立等リアリティがあり、非常に面白いエピソードが毎週詰まっていて視聴者を飽きさせない作りになっています。

11main

コアな人気を誇る”年齢不詳”のゴスロリ様こと小笠原綸子


オリジナルアニメでこの人気は今期のMVPも納得の結果と言えるのではないでしょうか(。・ω・)ノ



次に今期のダークホースとも言える『結城友奈は勇者である』です。
放送前のPVを見た私の印象はタイトルとあいまって「今期の日常系萌えアニメ枠」でした。

作画も良く丁寧な作りではあったものの、特に目新しい部分がなかったせいか大方の印象通り、最初は”ネタアニメ・パロディ作品”として低調なスタートを切ることになりました。

1~2話が放送された当初は「エヴァ」だの「まどかマギカ」のパクリだの言われていましたね。

初回放送時に個人的に最もオリジナリティを感じたのは”車椅子の魔法少女が変身しても障碍が治らない”という部分でした。

mimoritougou

勇者スーツのアシスト機能でクラゲのように移動する東郷さんを斬新な動きだなぁ…と思って見ていました。
その当時はそれが設定の根幹に関わっている部分とは知らずに…

のんびりした展開が続き量産日常アニメ扱いを受けていたゆゆゆですが、8話前後で空気が変わります。
物語のところどころに見えていた不穏な空気が牙をむき始めました。

元々、このアニメがただの”日常系”ではないことに薄々気付いていたファンは”ついにこの瞬間が来たか”という感じでしょうか。

乃木園子登場

no title

視聴者にこの物語の方向性を決定付けた瞬間のシーンです。

彼女の登場はある意味、ゆゆゆが日常アニメであることとの決別とも言えます。

8話以降も非常に先が気になるような視聴者の予想を斜め上に裏切る怒涛の展開が続き一気に今期の人気アニメの一つにのし上がりました。

12/25に最終回である12話が放送されますが、直前であまりに大風呂敷を広げたことや人気のメインキャラクターの一人が再起不能になってしまったことで、どう最終話を締めるのか、ファンの間で期待と共に不安も広がっています。

しかし、ここま面白いストーリーを作れたアニメスタッフなので、私はタカヒロとstudio五組の力を信じています(。・ω・)ノ゙

関連記事:物議を醸した「結城友奈は勇者である」最終回


最後に、あまり注目されていなかった『グリザイアの果実』が天音ルートであるエンジェリック・ハゥル編以降、地味に伸びています。


一つ感じたことは、インパクト抜群なシーンがあると良くも悪くも注目を浴びるということですね。 

B5Y8swtCIAEDL6v


アンジュリーゼの主人公とは思えない台詞や行動、日常系から一気に鬱にもっていった乃木園子…そして、視聴者に衝撃を与えた越智先生のバーサーカーっぷり等…

そのインパクトを今後も生かせるか、その時だけで終わるかはアニメスタッフの力量にかかっていると思います。