【感想と考察】
ゆゆゆ10話見ました(。・ω・)ノ゙
予想を上回る超展開であっという間の三十分でした。 

10話は東郷さんの回想から始まります。

5
8bbe91a6

お母さんに連れて行ってもらった丸亀城に感動する幼き東郷さん。可愛い(*´ェ`*)

6
7
8

家族との思い出と2年間の記憶を失ってしまった経緯、家庭事情等が語られます。
(鷲尾須美→東郷美森になった経緯もここでわかります)

seppuku
seppukutougou

予告の切腹シーンはやはり前回の自殺未遂の回想シーンでした。
その時の台詞等から半ば死なないという確証があり自殺を試したようです。Σ(・ω・ノ)ノ

東郷さんは乃木園子にもう一度会いに行きます。真実を聞くために…。

yuyuy00

まるで、神を祀るかのような病室。

園子いわく、勇者になった少女は実際に半ば神のような扱いを受け、家族には多額の援助がおりるそうです。
神樹様に選ばれたことは名誉なことだそうで、家族は泣いて喜んでいたそうです。

yuushabu

しかし、勇者達の両親の涙を見るに私にはそう思い込むことで自分を納得させようとしているようにも思えました。

乃木園子の口から明かされたこの世界の真実は予想以上に残酷なものでした。

sonoko

『私の精霊の数は21体。』 Σ(゚д゚;)

乃木園子に伝えられた真実を自らの目で確かめに結界の外に向かう東郷さん。
目の前に映った世界は予想を遥かに上回る残酷な世界でした。

yuyuy01
yuyuy02

フレアやプロミネンスが吹き荒れる太陽(原始の地球?)の表面にポツンと浮かぶ神樹様の結界。
神樹の形をした宇宙規模の結界に守られた世界が四国であり、その外側は大量のバーテックスが蠢く宇宙空間でした。
何となく宇宙空間は生物の体内にも見えます。バーテックスが白血球みたいな(*・ω・) 

693adcc3
yuyuyu04

『まるで地獄じゃない…。』

無慈悲な世界の真実を目の当たりにし、絶望し混乱する東郷さん。

zrtsubou
ba1a342c

東郷さんはこの後、とんでもない行動にでます(((( ;゚д゚)))

世界オワタ\(^o^)/

つづく(*・ω・)ノ